とっ散らかったものを片付ける役割

株式会社WOOM > WOOM ブログ > とっ散らかったものを片付ける役割
2016.9.6

とっ散らかったものを片付ける役割

chirakaru

WOOM代表の浦川です。
せめて週1ぐらい、仕事のこととか書き残そうと思って、もうすぐ2ヶ月ほど経ちますが、サボったりサボらなかったり、まぁなんとか続けています。

元々脳みその作りが合理的に物事を進めたい思考なんだと思いますが、会社員時代から、とっ散らかったものを片っ端からやっつける仕事をすることが結構多いです。
フリーランスの頃も、WEBの仕事がもう手に負えなくなって、納期遅れまくりの会社に半常駐して、片っ端から片付けたり、今お手伝いしている企業さんも、外注先のデザイナーやコーダーのクオリティがグダグダで、手に負えなくなっている仕事を片っ端から片付けてみたり、再コーディングなんてしてみたりもしています。

本当は他人が書いたHTMLとかCSSを直すのってすごく大変なんですけど、まぁやってやれないことはないですし、ストレスは溜まりますが、なんとかなったときはすっきりするので、最近はお受けすることも多いです。なので、今の制作会社や外注さんのクオリティに不満がある方などお気軽にご相談ください。っていう宣伝もしつつ。

こういうやり方が正しいから、こういう風にやってくださいってルールを作るのって簡単なんです。言うだけなら。そういう会社けっこうありますけど。

現状・現場・今の成果物をちゃんと見て、こういう風にやった方がこの会社には合ってるなって判断しながら、自分たちで制作もしながら、気づいたらそのルールにみんなが従って制作をしていた、みたいなことが僕の中では理想で、上から強制されるのって普通会社員なら嫌なもんで(ってずっと思ってたけどそうでもない人も多いらしいですね)、ちょっと違和感がありつつも、今までとちょっと違うけどやってみたらこっちの方が良かったなっていう小さな改善の繰り返しで同じ結果を得るっていう遠回りも必要かなって最近は思ったりもしています。

会社員時代、若き日の僕を知る人からしたら、身も心も丸くなったとよく言われますが、もうアラファーなので、丸くもなるわな、と思うこの頃。
もうすぐ誕生日です。

WEB周り、EC周りとっ散らかっちゃって何から相談したらいいかわからないとか、最早WEBサイトあるけど、何がどうなってるのかわからない、っていう方も、実際に頼むかどうかわからないけど、相談したいってのでも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP