創業から丸2年、WOOMは何が変わったんだろう

株式会社WOOM > WOOM ブログ > WOOMについて > 創業から丸2年、WOOMは何が変わったんだろう
2017.8.16

創業から丸2年、WOOMは何が変わったんだろう

WOOMの浦川です。
8月14日はWOOMができた日、というのを昨日思い出しました。丸2年が経って、3年目です。

このところはなかなか忙しくて、目の前のことに追われている感が非常にあるんですが、新しいことも始めたいなーと考えています。
考えてるというよりは、なんとか時間見つけて動き出してはいます。形になるまでにはもう少し時間がかかりそうです・・・。

日々の仕事に追われているとあまりこれまでのことを振り返ることもないので、たまには振り返ってみました。今だから書けることもあるし、たまには文字にして何か自分のことを残しておくことも大切かな、と思い。

2年で何が変わったのか

一緒に仕事する外部の方は増えましたが、人数も増えてないし、仕事内容も変わってないし、なんなら僕の給料も変わってないし・・・。強いて言うなら株主、本社の場所とか・・・?
会社っていうのは営利団体ですし、もっと変わっていくことも必要なんだとは思いますけど、限られた時間の中でできることってのはやっぱり限られてるし、ある意味、創業したての頃よりは安定はしてるんだと思います。まぁこの状況に胡座をかいちゃいけないとは思っていますし、新しいことをやりたいって気持ちをいつも持ってはいます。飽きっぽいので。。

変わったこと1:株主

2年前、創業したときは私のほかに株主が2人と1社。今は私と前田の2人だけです。
フリーランスの頃にお世話になっていた広告代理店の社長から会社を創ろうって話があって、3人で創った会社がWOOMの始まりでした。何かを「生む」会社でありたいな、という思いからこの社名になった、と社名の由来を聞かれたら答えてはいるんですが、ほんとはいろいろ他にも意味があったりはしましたけど、いろいろあって一緒に仕事をするのがお互いプラスにならない、と決断したのが1年半前。まぁつまり、半年ぐらいしかやらなかったわけです。

勢い・タイミングってのはビジネスでは重要なことだと思いますし、まぁそんなことでもなければまだフリーランスでいたかもしれないと思うと、会社を創って社長業ってのをやってみて、いろいろ初めてわかることもたくさんあって、自分の人生においては確実にプラスだったなって思ってはいます。

会社員の頃は、経営についてわかったつもりで偉そうにしていただけで、何もわかってなかったってことをよくわかったし、社長ってのは役に立たないし、お飾りでいいでしょ、って社長に向かって言ってた暴言社員でしたが、社長ってのはそんな簡単なもんじゃないよね、社員には言えない・言わない・わからないことがたくさんあるんだってことを知りました。

変わったこと2:本社の場所

千代田区内で創業したWOOMですが、当時の親会社との資本関係解消を機に、思い切って東京の東から西、渋谷区代々木に移転しました。フリーランスの頃って、引っ越ししたところで、住民票移して税務署に引っ越しましたよって届け出を出すぐらいで済むんですが、会社はそうは行かないんです。

法務局に移転の届け出を出して、3万円もの印紙を貼って、しかも法務局の管轄が千代田区と渋谷区では異なるので、そうなると更に3万円!本店移転するだけでなんと6万円もかかるわけです。なんてこった。

気分を変えたいから街を変えよう、って前田と決めたわけですが、そんなことも知らずにうっかり引っ越したわけですけどね。。。

時間もなかったので、すぐに借りられる代々木のレンタルオフィスに入居。1年2ヶ月ほど、そこには居ましたが、今は千駄ヶ谷に本店移転しました。しばらくはここにいるつもりですが、会社がもっと儲かって、いいオフィスを借りられるように頑張りたいですね。

変わったこと3:家

元々引っ越しばかりしている(年に1回ぐらい)のですが、会社を作ってから既に2回、もうすぐ3回目の引っ越しをします。
気分を変えたいから、というよりは、通勤が近すぎても遠すぎても嫌だってだけなんですけど。

通勤時間ってのは大事ですよね。我々の仕事は家でもできる仕事ですけど、家で仕事してると歩かない・着替えない・終わりの時間がない、、、などなど、いいことのようで、あまり良くないなってのが結論。場所を変えて、よし仕事しよう!って意識になります。

変わったこと4:メインバンク

元々親会社との関係で同じ支店に口座を持っていましたが、代々木から一番近い支店が新宿西口で、いつ行っても激混み、1時間待ちはザラ。上野は遠いし、代々木に窓口がある金融機関が良かったので、代々木(千駄ヶ谷)に支店がある西武信金との取引を昨年よりはじめました。

なんとなく、メガバンクの口座って必要な気持ちにはなるんですが、小さい会社なんてメガバンクは相手にしてないですし、営業担当変わっても連絡も寄越さないので、最早誰が営業担当なのかも知らない。そんなことよりは、身の丈に合った(西武信金に失礼か)金融機関と、身の丈に合った取引をしていくことの方が大事なんじゃないかなって思うこの頃。

変わったこと6:自分の意識

これは最早会社のことではないんですけど、やっぱりフリーランスは気ままだったし、フリーランスの頃は良かったなってずっと思ってたから、そういう意味ではプロ意識に欠けてたんですかね。少人数でやってるし、フリーランスの延長線上にいるって思ってたけど、会社の社長ってのはそんなんじゃダメなんだってすごく思って、小さくても会社は会社、社長と個人事業主は根本的に違うってのを最近すごく思います。なので、社長業をちゃんとやるって2年経って思っています。

この2年でやったこと

メディアを作った。そして、やめた。

広告代理店が親会社だった、ということと、キュレーション全盛期だったんで、何かうち(親会社)が売れるものを作れ、というミッションからキュレーションサイトを作ってみたりもしました。が、やめました。
某社の無断引用事件がきっかけ、というわけではないですが、どうしてもキュレーションサイトの仕組みが好きになれず、自称ライターの価値のない記事(中にはちゃんと自分で取材をして自分の言葉で記事にしてくれる方もいましたけど)にお金と時間を費やすことが苦痛でしかなく、早々に更新をやめ、今年、サイトごと止めました。一応何か別の形でまた再開したいなと思ってはいますが、もう少し先のことになりそうです。

手間暇をかけて、自分の足で取材をして、自分の言葉で書く、という記事以外のものに僕はまったく価値を感じないし、お金を使いたいとも思わないので、この判断は間違ってなかった、と思っています。

仕事って全てのことがうまくいくわけではないので、思い入れだけじゃ続けられないし、どこかでやめる、という決断をするのも社長の大事な仕事かな、と思いました。

サイトを山ほど作った

この1年ぐらいでサイトを山ほど作りました。制作実績でご紹介しているものだけでも80以上、載せていないものもあるので、だいたい月10サイトぐらいのペースで新しいサイトやページを作りました。月に10サイト作るのは簡単じゃないです。でも、その前の半年いろいろな事情でできなかったことを早く取り返さなければいけなかったので、とにかくたくさん作りました。
これからもたくさんつくりたいと思いますが、ほぼ一人で月10サイトはなかなかしんどいので、少し落ち着いて、運用をおまかせいただいているサイトにかける時間も作っていきたいと思います。

結局のところ

この2年で、いいことも悪いこともたくさんありました。でも愚痴ってるほど暇でもないので、また、前を向いて、3年目も突っ走りたいと思います。

忙しい忙しいとか言いながら、寝る時間を削ってドラクエ11をやってるのは公然の秘密なんですが、PS4版は頑張ってクリアして、最近はちまちま寝る前に(寝る時間を削りながら)DS版をやっています。まだ序盤なんで弱いんですけど、ヨッチ交換しながら歩いてます。

PAGETOP