フリーランスに逃げられた!?

株式会社WOOM > WOOM ブログ > WEB制作に関すること > フリーランスに逃げられた!?
2016.8.2

フリーランスに逃げられた!?

0802

まぁ何を隠そう、年末に、システム開発を頼んでいたフリーランスのエンジニアに逃げられたWOOM代表の浦川です。半年以上経ちましたが、未だに腸が煮えくり返る思いです。

最近、フリーランスに逃げられた話をすごくよく聞くようになりました。悲しい話です。
そんな無責任な奴らが偉そうに個人事業主でいることが許せないです。

私も、会社を作る前はフリーランスでした。
クライアントと大喧嘩して、ほぼ完成していたサイトを「もう全部削除してやる」って言い放ったこともありますが、それでもなんとか納品はしてきたつもりです。割に合わない仕事もありましたし、こんな仕事受けるんじゃなかったって思ったこともありますが、最早いい思い出のレベルです。
無視してやろうかと思ったこともありますが、最後まで連絡取れなくなったことはないです。当たり前の話ですが。。。

仕事を頼む側、頼まれる側っていう構図ではありますが、人と人のお付き合いの話なので、合う合わないとか好き嫌いとかもありますし、そんなの後で言うなよ、簡単に言うけどほぼ全部作り直しだよってことを平気で言われることもあります。
ある程度のワガママとか仕様変更とかは柔軟に対応しようと思ってはいるのですが、ある時から割りに合わなくなってしまうので、この仕事やらない方が得なんじゃないかって思うんですよね。
たぶん納品しないで、お金ももらわない方が得なんです、実際のところ。だってその分他の仕事できますからね。
その気持ちはよくわかります。でも逃げるのはダメです。

都合が悪くなると逃げる

都合が悪くなったら逃げるのは、無責任とかそういう話じゃないです。契約不履行です。損害賠償ものです。

フリーランスは一見自由で、自分の好きなことだけをしていてもいいようなイメージですが、世の中そんなに甘くないです。

とある会社の仕事で、フリーランスのコーダーが納品してきたものがあまりにひどいから直してほしいという依頼を請けました。
その会社がデザインを制作してpngデータで渡して、この通りに納品してほしい、という案件だったそうです。出来上がったと送られてきたファイルを見て唖然。何のためにデザインデータ渡したのか、色も違う、アイコンも違う、しまいにはコーディングなんて呼べる次元じゃない画像を切り貼りしただけのもの。
当然その会社さんはフリーランスのコーダーにやり直しを依頼したそうなんです。

が、その後一切連絡が取れなくなったそうです。
ちなみに既にお金は払っていたそうです。

信じられない話ですが、その会社に限らず、最近そういう話をよく聞きます。
で、困ったお客様から相談を受けるっていう構図になっております。
まぁ、そういうダメ人間がいるから仕事がある感も否めないですが、そういうときは最初から相談してくれたらいいのに!って言ってますけどね。お金で決めるからそうなるんですよ、そんな金額でできるわけないじゃないですか。

会わなくても仕事を頼める世の中

クラウドワークスやランサーズでもおなじみですが、クラウドでフリーランスに仕事を頼めるようになったのは、とっても良いことですが、その半面、こういうことが起きているんだと思います。

お会いしたことない方に仕事をお願いすることもたくさんありますが、基本的には私は直接お会いした方に優先的に仕事をお願いすることにしています。
会ったことがあるから逃げないってわけではないのですが、リスクは減らせます。
最近そういう話をよく聞くので、遠方でない限り、極力お会いして打ち合わせをしたり、電話でお話したりするようにしています。

フリーランスがフリーランスを滅ぼす

せっかく、「独立」のハードルが下がって、フリーランスでも活躍しやすい世の中になりつつあるのに、フリーランス自らがそうやって「フリーランス」の評判を下げるというのが解せないです。

逃げたフリーランス掲示板サイトでも作って公開してやろうかっていう思いです。

私は東京に住んでますし、東京で会社をやっているので、多くの企業の方にお会いする機会があります。
クラウドソーシングサービスは、東京に住んでいなくても、同じように仕事できるようになったことは大きいです。
家賃などがかからない分、価格を下げるのは構わないでしょう。でも、できもしないことをできもしない価格で提案して受注して納品できないっていうのは、最早仕事と呼べる代物ではありません。詐欺です。
会えないからできなかったとき逃げればいいや、ではクラウドソーシングが滅びます。会えない分、一生懸命やらないといけないし、真摯に対応しないといけないし、文字でのやり取りが多い分、コミュニケーションをちゃんと取らないと齟齬が生じます。
私はこれからもクラウドソーシングを有効に使いたいと思っていますし、積極的にフリーランスの方ともお仕事をしたいと思っています。なので、フリーランスの方は、自分たちで自分たちの業界を滅ぼすようなことをしてほしくないです。

っていうことで、ダメフリーランスが世の中からいなくなったらいいと思いつつ、そいつらのケツ拭きなんかもしておりますので、困ったらまずはご相談いただければと思います。

PAGETOP